漁師の家・たきおか


たきおかの牡蠣 

牡蠣の保存と調理方法


牡蠣の保存について






牡蠣の調理方法











殻付牡蛎は乾燥に弱いため風の当たる場所をさけて涼しい所に保存してください。
冷蔵庫に入れる必要はありません。湿気を保つために湿らせた新聞紙等をかぶせ箱にいれて保存するのが良いでしょう。
ただし室温が高い場合は、乾燥しないように湿らした新聞紙をかぶせ冷蔵庫での保存をおすすめします。 
牡蛎は大変強い生命力を持っています。状態がよければ1週間前後生きています。
それでも鮮度が大切です。3日位で食べてください。
その1 【電子レンジ】
いちばん簡単な方法です。平べったい方を上にしてお皿に4〜5個のせます。殻が飛び散るのを防ぐため電子レンジ用の蓋等をして4〜5分。牡蠣の口が少し開いたら、OK

その2 【ホットプレート】
平べったい方を上にしてのせます。最高温度で7〜8分。蓋をしてもかまいません。牡蠣の口が少し開いたら、OK

その3 【フライパン】
平べったい方を上にしてのせます。蓋をして10〜20分。牡蠣の口が少し開いたら、OK

その4 【バーべQ,七厘】
平べったい方を上にしてのせます。牡蠣の口が少し開いたら、OK
焼き過ぎないように。香ばしさが最高 ただし、やけどに注意
加熱調理する場合すべての牡蛎が口を開くわけではありません。
牡蛎は貝柱から火が入ることにより開きます。身のほうが早く熱が入る場合は開きません。牡蛎5個中2個を目安にして下さい。
たきおかの牡蛎はすべて加熱調理して食べてください。(85度以上で1分以上)



たきおかの牡蠣TOPへご注文方法



漁師の家・たきおかトップへ

漁師の家 たきおか
〒714-0035
岡山県笠岡市高島5139−6
TEL/FAX:084-943-1739

E-MAIL:takioka5@nifty.com

たきおかの牡蠣 業務案内 道案内 体験プラン よくある質問 たきおか便り 掲示板